MENU

イメージ

 

東京オリンピック・パラリンピックがやってくる!

2020年の有明は、どんな街になっているだろう。

有明にキャンパスを持つ唯一の総合大学として、何ができるだろう。

この講演会は、この地域で学び、暮らし、働いている私たちと、

東京オリンピック・パラリンピックとのつながりについて、考え、動きだすための第一歩。

世界中の熱気が集まる有明、2020年の自分を、今、ここからイメージしてみよう。

 

 

日時 平成27年1月23日(金) 18:00〜19:40
場所 武蔵野大学 有明キャンパス 交通案内
内容
特別講演 オリンピックがもたらすもの 〜北京・ロンドン等での実例を踏まえ〜
◆富士原陽祐
( オリンピック・アカデミー副会長、オリンピック委員会理事)

 

特別講演 2020年東京オリンピック・パラリンピックはどんな大会になるか
◆彩華真琴
(オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
          チーフ・コンプライアンス・オフィサー/総務局長)
パネルディスカッション
◆パネリスト:富士原陽祐、彩華真琴
◆コーディネーター:小丹枝宏( 大学教務部長、人間科学部教授)

 

参加 参加費無料 定員100名様まで(申し込み制、定員になり次第締切)
お問い合わせ 企画部 企画・広報課

 

 

GUEST SPEAKERS [ゲストスピーカー]
富士原陽祐
PROFILE
オリンピック・アカデミー副会長、オリンピック委員会理事
1976年NHK入社、ローマ支局長、アトランタ支局長、報道局スポーツ・チーフプロデューサーなどを経て、IOCラジオ・テレビ委員会委員、北京オリンピック放送機構放送情報部長等を歴任。

 

彩華真琴
PROFILE
オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会チーフ・コンプライアンス・オフィサー/総務局長、オリンピック・パラリンピック準備局理事
2008年オリンピック・パラリンピック招致委員会事務次長、2013年東京都スポーツ振興局理事(招致推進担当)等を歴任。

 

COORDINATOR[コーディネーター]
小丹枝宏
大学教務部長、人間科学部教授


生活保護の条件|金額はいくらもらえる?受ける為の3つの条件